FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ゆめいろの空へ」のレビュー&感想【義弓くー】

ゆめ空1

みなさん、こんにちは。ショート100の人、義弓くーです。
メンバー作品紹介ということで、今回はこちらの作品をプレイ致しましたので、感想を!

タイトル:「ゆめいろの空へ」
制作  :NaGISA
ショート100メンバー_NaGISAさんの作品です

☆ふりーむ!DLはこちら☆



■どんなお話?
本作をまだ読んでいない方のために簡単にご説明しますと……。


大学生の青年「行人」はある日公園で、自身を天使と言う少女「スピカ」に出会います。
スピカの目的はその日に死ぬ予定の行人の魂を回収することとのこと。

しかし、幸運にも行人は死を回避します。
一方、不運にもスピカは天使として、行人の魂を回収するまで天界に帰還することができません。

帰還できず、行く当てのないスピカに行人は手を差し伸ばします。

そして、二人の不思議な共同生活が始まるのです。

ゆめ空3



■良かった所

☆構成
本作は1年間の物語を約20~30分程度の章分けで描いています。20分計算としても全体で4時間と、中々のボリュームですが、各章区切り良く終わるので、一日一章のような感じで少しずつ読み進められたのが良かったですね。

また、画面構成は「左に横書きの文章。右に背景画像」(立ち絵無し)です。感覚としてはノベルゲームというよりは、挿絵を見つつ音楽を聞きつつ小説を読んでいる感じでしたね。立ち絵がないからこそ、キャラの外見・所作・表情の想像を文章から膨らませることになります。それが、BGMと相まって物語への移入を高めてくれます。

本作が現代を舞台にし、天使の設定も突拍子もないものではないから故に、この立ち絵無し状況が活きているかなと思いました。もし、魔物が出るファンタジーで、文章からの想像だと、高確率で作者と読者間でイメージの乖離が起こると思うので。

本作の設定に適した「見せ方・戦い方」だと思います。


☆シナリオ
正直に言います……「終盤以降まとめ方がズルいです(いい意味で)」
作中のキャラクターと読者が積み上げてきた「思い」を一度は強く裏切り、突き落とすもそれを「切なくも」跳ねのける終わり方を示してきます。

実際に作中の年明け編くらいまでは、主人公とヒロインの距離が少しずつ縮まってゆく一般的な恋愛作品の流れなのですが、それが唐突に起こる「事件」と「明かされる真相」で急加速します。
それまで、ほのぼののんびりと淡い恋愛な感じだったゆえに、そのインパクトは大きく印象的でした。そして、それがそれまでの平和な主人公とヒロインの日常の幸せと尊さを、より際立たせてくれます。
そして、それはヒロイン「スピカ」と同時にサブキャラ「ロジータ」との和気あいあいとした温かい日々の尊さも、裏では描いています。


終盤で一気に化ける物語ゆえ、最後は寧ろ恋愛物であることを忘れるような熱い展開にもなります。そう……「恋愛物」だと思っていたのですが、全てを読み終えた今となっては「家族の物語」というイメージになりました。その理由は、読んだ人ならお分かりかと思います。



また、少し個別の場面になるのですが、私が読んでいて「あ、これ些細だけど、凄くいい場面だな」と感じたところがあります。

「天使にメリークリスマス 編」にて、スピカと千衿がプレゼントを買いに行くシーン。
千衿の「でも、スピカちゃんとこんなに仲良く話せるようになるなんてね。最初の頃『うわ、嫌われてる』って思ったもん」

……という台詞が、物凄く私の中に響きました。
スピカが心を開くようになっていることは行人が作中で示したり、読者にも伝わるのですが、それを【近い年代の友達】から面と向かって言われることに強い意味を感じました。初期は人付き合いを避けがちだったスピカが、こうして一緒に買い物に出かけて、何気ない会話の中で、それを相手から言われるというのは、そこに「分け隔てる壁がもう無い」という印象を受けます。

私はこの何気ない一言がこの物語の中で一番好きなシーン・台詞かもしれません。

ゆめ空2


☆キャラクター

主人公の「行人」やヒロイン「スピカ」の他にも多くのキャラが密接に物語に関わり、各人にもそれぞれの人間関係や物語があり、よくできています。

その中で、私が一番好きなキャラは「ロジータ」ですね。
彼女はスピカの先輩天使で、姉御肌な性格で何かと行人とスピカにお世話を焼いてくれます。特に、恋愛周りでは、奥手の二人の背中を後押しするように、恋愛環境(手を繋いだり、マフラーの件)を強引に作ったりします(笑)
役割的には、物語の恋愛環境を展開するのは勿論ですが、地上と天界を行き来できる存在として、後半部分では特に活躍を見せます。
本作は「行人とスピカ」の物語であると同時に「ロジータ」の物語でもあるという一面があります。裏主人公?裏ヒロイン?といってもよいかと思います。

もう別キャラを挙げますと……「大天使ヴィクター」と「天使長レオノーレ」のコンビが好きです(笑) 各章のラストの締めでこの二人のシーンが展開されるのですが、物語の裏事情を示すと同時に、コント?漫才?的なノリになる感じが、微笑ましくて面白いです。見事にヴィクターは部下であるレオノーレに一本取られている感じがします(笑)
天界は今日も平和だな~と感じたりします(笑)

ゆめ空4


……と共に、天界サイドのキャラクターになってしまいましたが、やはり個性的な設定ゆえにそう感じやすいのかもしれませんね。



■気になった所
お話としては、何気ない日常に、一つの不思議が混じり、そして切なくも美しく幕を閉じる本作ですが、【演出】の面でプレイ中に気になることがいくつかありました。
※私自身、演出周りを自作で気にするタイプなので、この辺りはよく見てしまいます。


・物語中では、展開に合わせて程よくBGMが変わり、そのシーンの臨場感や感情移入度を高めてくれます。実際、作中で「夕べ」と名前されている日常BGMがいい感じ。(後にショート100でも使用していることに気が付くのですが)
ただ、シーンや章の切り替えなどの際に“ブツ切り”になってしまうのが勿体なかったです。「シーンを閉じつつもBGMで物語の余韻を――」な状況でスパンとBGMが切れてしまうと、物語から弾かれた感じがしてしまいます。 リメイクや更新の際には、是非フェードアウト処理にしてほしい所かなと。


・ご存知の通り本作は「立ち絵が無い」作品です。立ち絵の有無のどちらが良い悪いというのはありません。どちらにも利点や欠点があります。
タイプによって、それぞれに適した「見せ方・戦い方」があるのです。

(無しの利点は、キャラの外見や所作が読者の脳内展開される点。立ち絵有りの場合、いつも同じ服で固定されたり、躍動感ある展開なのに、キャラ絵が動かずにある違和感など。一方の欠点は、表情や外見説明に文章を使うので、上手くやらないとテンポが遅くなることや、キャラのイメージを序盤で掴み損ねると、途中でそのズレに気づいたとき「あれ? そうだったっけ?」となります。……今回の場合、スピカの髪色は亜麻色と序盤で示されているのですが、どうにも私の脳内では途中まで黒髪のイメージで進みました&それに気が付いても黒のイメージが強く残ってしまい、脳内では黒髪で進んでいました)

……というのは、前置きでして、「背景画像の変化」がもう少しあっても良かったのかなと思いました。この作品は主人公とヒロインの1年間を描いています。
春夏秋冬にちなんだイベントもあります(夏祭りや、クリスマスなど)。お祭りやクリスマスはそのシーンに応じて、外出したりして背景が変わるので季節感を感じます。一方で、室内シーン等のイベント外の背景は同じものが続くのでそこが「一年間設定」の上では弱いかなと感じました。勿論、素材サイトの事情などがあるのは、私もノベルゲーム作者ゆえに痛い程分かります。
ただ、夏のシーンの行人の部屋にヒーターがあったり、夜や夕方などの時間帯なのに、明るい屋外や窓外になっている箇所があり、そことの文章と背景のズレが気になってしまいました。
例えば……、夏の屋内ならいつものリビング画像の他に、少しだけ「グラスに入った麦茶の画像」を挿んだり。バレンタインチョコを作るシーンなら「作りかけチョコ画像(今のご時世、フリー素材あるかも)」を挿んだりしたら、日常シーンでも緩急がつくのは勿論、季節感も示せるのかな?と個人的には思いました。



■まとめ

――といった感じで、だいぶ長くなってしまいましたがこの辺りで締めとさせて頂きます。
各章ごとに、様々なエピソードがあるので、是非まだの方はそれぞれを楽しんで欲しいですね。そして、それらの何気ない台詞や所作、シーンが物語の最後でプレイヤーの心にきっと響くはずです。プレイした方はきっとこの意味が分かるかと思います。

少々長めの作品ですが、少しずつ読めるような構成になっていますので、長編は得意ではないという方でも大丈夫かと思いますので、是非読んでみてくださいね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。