FC2ブログ

「カンナガラのケモノ」のレビュー&感想【義弓くー】

カンナガラ4

みなさん、こんにちは。ショート100の人、義弓くーです。
メンバー作品紹介していこう作戦ということで、私も先日一作プレイをしました!

タイトル:「カンナガラのケモノ」
制作  :いねむりスフィンクス
ショート100メンバー_直弥さん

☆ふりーむ!DLはこちら☆



伝奇風&少年漫画的ノリなお話という紹介文に魅かれてこの作品をプレイしました。また、直弥さんの自己紹介ページに記載されていたのもきっかけですね。
私自身、「お化け×アクション」なお話を書いている人なのので、そういうのに興味津々なのです(^^)/


■簡易あらすじ
中学生陰陽師の主人公「城戸信次郎」と幼馴染のヒロイン「白金キョウ」運命を描く物語。
キョウは幼い日に、人造精霊「白虎」に取り憑かれ、命のタイムリミットが迫っています。
それを阻止するために信次郎は、ある陰陽術を習得する修行に打ち込んでいる日々を送っていますが、ある日彼らに白虎を巡る大事件が襲い掛かる……。

カンナガラ1


■バトル展開がとにかく熱いです!
“陰陽師”という言葉は聞いたことはあってもそれ以上はよく分からない……そんな状態でプレイを開始した本作ですが、十分楽しむことが出来ました。

カンナガラ3


主人公は様々な怪異を呪術や仲間との協力を駆使して祓ってゆきます。そのため、戦闘シーンへのなだれ込みや力の入れようが強く、文章上でのスピード感ある駆け引き展開は勿論ですが、画面の見せ方も上手かったです。感覚としてはRPG風の戦闘画面を展開させつつ、エフェクトと効果音で盛り上げてくれます。

また、主人公の周りに登場するキャラクター達が、ちゃんとそれぞれの個性や役回りをもっていて、物語に奥行きを与えてくれます。主人公の師匠や、不死身の青年、同級生など、意外なところでキャラ同士が繋がりを持っていたりします。

カンナガラ2


この物語では「精霊」が大きな役割を担っています。主人公サイドがそれを使役することもあれば、敵対者がそれを行使します。「人VS人」「人VS精霊」「精霊VS精霊」などのバリエーションある駆け引きは読んでいて楽しく「どうやって対処するんだろう」とワクワクしながら読み進められました。
特に、ラストの白虎戦は、相手が圧倒的に強すぎて主人公が歯が立たず、絶望落ちするのですが、そこからの切返しはメチャメチャ熱いです!


■その一方で、気になる点というのもありました
この物語、三人称視点で文章展開しているのですが、終盤になるまで主人公が画面に姿を見せません。それがどうにも一人称感と重なって、気になりました。

また、陰陽師設定もあり、ベースとなる知識が無いと理解が難しいかなと感じました。また設定解説の文章自体もやや硬めなのでこの辺りがもっとスムーズであれば私的には良かったかなと思います。
例えば、ノベルゲームなので、図やイラストを使って、ビジュアルで文章の補助をするなどあっても良かったかもしれません。属性の関連図とかですね。


■そして、全てが収束するラストへ
ある種のバッドエンドとも捉えられるのですが、主人公が陰陽師という特殊な家柄な設定上、これが逆転して、ある種のグッドエンドとして成立可能なのかもしれません。この表現だと「?」となりますが、この辺りは、是非プレイして確かめてみてください。

カンナガラ5


そして、エンディング後の日常を描いたエピローグが良かったです。ほんの少しの日常シーンなのですが、それが示す「成長と救い」が大きいと感じました。

…といった具合に、私なりの感想を書かせて頂きました。
「熱いバトル、駆け引き」が特に魅力の作品です。そんな作品を求めている方、是非プレイしてみてくださいね!

そして、おまけ編も忘れずにプレイをね!
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる