FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

作品紹介「夕焼けの詩」

こんにちは、八久斗です。

唐突ですが作品を一つ紹介しようと思います。
というのもですね、自己紹介記事で一番か二番目に大事なものを書き忘れていたことに今更気付いたのです。
ということで、フリーノベルではなくて商業漫画ですが、レビューとして書かせていただきます。

その名も、「夕焼けの詩」です。
「三丁目の夕日」と言ったほうが知っている方が多いでしょうか。少し前に映画化されましたね。自分は観てませんけど。
夕焼けの詩というのは単行本の名前で、その中に三丁目の夕日が入っているという感じですが、今となってはたぶん全部三丁目の夕日なので、ほぼ同じものを指しています。
作者は西岸良平氏。現在も連載中で65巻くらいまで出ているようです。

自分の親が西岸良平が好きで、家に他のシリーズも含めて全部あったんですよね。なのでこの人の漫画とともに育ったといっても過言ではありません。意識しているつもりはないですが、自分の作品や考え方にかなり影響を与えているかもしれません。

1話完結の短編集で、夕日町3丁目を舞台にしたノスタルジックな話が中心ですが、所々SFや時代劇なども混ざっています。ジャンルは人間ドラマが多いでしょうか。コメディー、青春、ホラー、なんでもありです。
どうでしょう、ショート・ショート・ショート100の企画にぴったりではないでしょうか?
個人的には41巻の「おばあちゃん子」が好きです。泣けます。
絵が独特なのでとっつきにくいかもしれません(特に2巻)が、慣れればすごく楽しく読めると思います。
短編集なのでどこから読んでもあまり問題はありません。お勧めは1巻と41巻、あとは三丁目の夕日の源流と言える3巻でしょうか。あとは夕焼けの詩じゃないですが同じ作者の「タイム・スクーター」「蜃気郎」「地球最後の日」あたりも面白いです。

うーん、紹介って難しい。著作権が怖くて画像使えないし、面白さがうまく伝えられないですが、とりあえず名作集でも何でもいいので1冊読んでみて欲しいな!
あ、でも50巻くらいから急につまらなくなる気がするので古いものをお勧めします。


ちなみにショート・ショート・ショート100は現在鋭意制作中!
現時点で29話完成しており、更に20話原案ができています。
ということは……あと51話は募集中ということだ!
みんな、ドシドシ応募してくれ!
スポンサーサイト
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。