FC2ブログ

ショート100第2回オフ会3月某日@秋葉原について(CIL)

 どうも、CILです。
遅れてしまいましたが、先日開催されたオフ会のご報告を致します。

 去年5月のコミティアの時にプロジェクトリーダーの義弓くーさん、九州壇氏さん、オザキショウゴさんとお会いしたのですが、その時に来年も開催したいね、ということを話していましたが、今回第2回として去年よりスケールが倍増したプロジェクト親睦会が開かれワイワイ楽しんで参りました。
私はこの数年色々なオフ会に参加しておりますが、今回はなかなか内容盛り沢山の特殊なオフ会であったと思っています。

以下特徴をコメント付きで列記します。

1、東京の秋葉原で開催 (西から東まで 九州&関西&中部含むメンバーが無理なく集えるのは東京しかないという結論になったため)

2、メンバーの時間的都合により日中の開催 (酒の席でない&禁煙のルール。酒はともかくタバコは自分は吸わないので喫煙者の方には申し訳ないと思いつつちょっぴり助かったのは大きな声では言えない話)

3、あいはらまひろさんによるゼロ次会の東京観光(本職の方なのだろうか? と思うほどの色々な情報があり勉強になりました。会場に着いたら1万歩を超えていました。)

4、途中合流したオザキさん、九州壇氏さんを交えてのオフ会のスタート。(九州さんは直前にけがをされて参加が危ぶまれておりましたがお元気そうでした。オザキさんはこの日のために大型のトランク持参で来てくださいました。)

5、カラオケのプランについていたハニートースト(ハニトー)の甘さ。某バーガーなんかと違って展示されていたものと同じ大きさのものが出てきたことに地味に驚きましたが、一口食べた時のその甘さたるや。甘いもの好きの自分が甘さにのたうち回る絶大な甘さでした。

6、あいはらまひろさんによる制作のコツについての講義(前日に制作されたそうです。ノベルゲーム制作における方法論もためになりましたが、それぞれのポイントについては自分は出来ていない部分が多く、その意味で参考になりました)

7、義弓くーさんによる数十ページにわたる大ボリュームのパワーポイント発表資料。(度肝抜かれました。ゲーム制作でパワポをあそこまで自在に使いこなす人を私は知りません。別の場でゲームの講演があれば推薦したいくらいです。)

8、オザキショウゴさんによるビンゴゲーム大会。理由の詳細は存じ上げないのですがゲーセンで大量の景品をゲットしたとかで、ビンゴゲーム大会の枠をとってくださいました。詳しくは他の方のブログ(個人ブログ含む)にも書かれていますが、A賞だけやたら重く皆がそれを避けたいと口々に言っていました。
  自分が当たった景品はカービィやホイミスライム等の特に困らないサイズの置物でした。今は自室に鎮座しています。後今更言いますがハリーポッターの光る杖は微妙に欲しかった。(雰囲気的に言っちゃいけないみたいになってましたが)

9、 ねこのさんによる『ヒトナツの夢』熱唱。カラオケ店に主題歌が配信されていること自体が仰天でしたが聴いてみると綺麗な音色で、聴き入りました。

10、最後は歓談タイム。
   私は他の方より1時間ほど早くお暇しましたが、その後も制作談議に盛り上がったようです。
   またお疲れ様会をしたいね、という話をして各々解散となったとのこと。

以上簡単ですが。
企画してくださった義弓くーさんに感謝します。
完成時の記念オフ会、是非開催しましょう。

CIL
スポンサーサイト

ショート100オフ会の報告です【義弓くー】

皆さん、こんにちは。
義弓くーです。

3月17日(日)にショート100メンバーによるオフ会を行いました。

10名のメンバーに参加頂き非常に楽しくワクワク・ワイワイとした一日でした。

――というわけで、その感想を書いていければなと思います。(書いてみたら、結構な長文になりました(^-^; )

◆東京観光
本オフ会の前に、希望者を募っての東京観光がありました。
こちらは、メンバ―の一人である、あいはらまひろさんが主宰となって行ってくださいました。

東京在住ではない私にとって東京の街を見歩きながら色々とお話を聞けたのは楽しかったですね!
中々そういう機会は得られませんから、貴重でした。
また、今回初めて顔を合わせるメンバーも多くいたので、ゲーム制作とは無関係な雑談もしつつ、打ち解ける時間にもなりました(笑) 人見知りな私にとって本当に助かりましたね。
義弓_0317オフ会1

◆メインオフ会
秋葉原にあるカラオケ店で行いました。
実は、そのカラオケ店では、PC持参すれば、モニターに接続してOKなんです。ゲーム制作オフにピッタリじゃないですかね! 自分達の作ったゲームプレイとかできちゃうからね。

■そして、最初は簡単な自己紹介タイム。
まあ、不思議なものでリアルで初めて会う人が大半なのですが、チャットミーティングしている関係もあり、皆さん特にかしこまることなくライトな感じになりましたね。私を始め、名刺を持参したメンバーはそれを配ったりしましたね。
(私に限っては、もう普通に年齢の上下関係なく、普通に友達と話す感覚でした。つまりは、ため口が多かったかもです。失礼だったら、ごめんなさい……)
義弓_0317オフ会2

■続いて大モニターを使っての発表タイム。
こちらでは、ワタシ含め3人がお話をしました。

CILさんによる、鋭意制作中の「新作ノベルゲームの紹介」(情報は伏せます)
⇒久しぶりなCILさんの新作。これまでとは制作手法、規模も一味違う感じでワクワク楽しみを感じました!

あいはらまひろさんによる「ノベルゲーム制作に関して大切にしている事」のお話。
⇒ノベルゲームの「テキスト」に関する、あいはらさんならではの考え方をお話しして頂きました。それこそ、単純なテキスト執筆だけだと、見落としがちな「読みやすさ」「余韻」「話の終わらせ方」など、ノベル作者にとって大事なポイント再認識させられましたね。 まさに、多くの作品を作っている方だからこそ気が付き、説得力のあるものでした。

最後に私、義弓くーによる「ノベルゲーム制作手法」に関するお話。
⇒自分の発表を自らアレコレ言うのは恥ずかしいので、流れをちょっとだけ。

「シナリオの作り方・演出・オリジナリティー」について私のやり方を展開しました。
そして、最後に実例?として現在制作中の新作「十三階段の花子さん2」のオープニング部分を解説プレイしました。新作では結構おバカな展開もあったので、これを皆の前でやるのはちょっと恥ずかしかったですが、「特別なスキルが無くても、こだわれば・工夫すれば色々できる」ってことが伝わったかもなのでOKです。 結構、私のお話に時間を使ってしまってごめんなさい(>_<)
義弓_0317オフ会3
※本当は右端に私が映っているのですが、あえて編集で切らせてもらいました。恥ずかしいので。&ノートPCの全画面表示モードがどうやら解像度の問題でモニターに出ないという事態になり、プレゼンは普通の編集画面になりました。

■そしてそして、オザキショウゴさん主宰のビンゴ大会。
オザキさんがUFOキャッチャーでゲットした大量のグッズ&各自の持ち寄りを景品としてのビンゴ大会です。
各自オザキさんのゲーセン賞と各人賞の2つを得る形です。

しかし、なぜか皆が皆……「ビンゴになるのを嫌がる!」という超展開で盛り上がりました。
「あ、ヤベっリーチだ!」なんて声が聞こえてきたりです(笑)
実は、景品の中には持ち帰るのが大変な物量の物があったりしましたので(笑)

ちなみに、私が提供した義弓くー賞はオザキさんが見事引当ました!
そして、私は、オザキさんのゲーセン景品と、ねこのさん賞をゲットしました!
義弓_0317オフ会4
(“うーぱ”可愛い! “俺妹”のTシャツは使用難易度が高いな~(^-^; )

ビンゴ大会の後は、ねこのさんによる「ヒトナツの夢」の熱唱(※作者さんが自身作品の歌を歌ったんです)。恥ずかしがりながらも、歌って頂き、場はさらに盛り上がりましたね~! ひょっとしたら今後の恒例行事になるかもですね(笑)


■その後は、完全なフリートークタイムです。この時点で残り1時間半くらいだったと思います。
結構みんなと話せるかな~とは思っていたのですが、各人とのトークがまあ盛り上がり、沢山話せる人もいれば、余り話せなかった人も出てしまったのがちょっと残念でしたね。

けれども、色々と言いたい事や聞きたいことは展開できたので、とってもとっても楽しかったです。
また、作者さんが己の作品のヒントをどこから引いてきたのかや、どういうツールでどうやって作っているのか、あの作品の裏側は……などなど聞いていて楽しかったです!
義弓_0317オフ会5
※私は話のネタになればと「キャラクターの原画」「“ななしのおろち”のプロット(ボツ版含め)」を持参しました。


■そんなこんなで、もう本当に時間あっという間に過ぎて、18時の解散時間に。メインオフ会は約5時間でしたが、とても濃厚で有意義な時間になりました。

是非、また皆でまたやりたいね!と思う次第です。

おしまい。

コミティアに行ってまいりました【九州壇氏】

こんにちは、九州壇氏です。
先日、義弓くーさん、オザキショウゴさん、CILさんとコミティアに行ってまいりました。
他の御三方がこちらのブログで記事を書いておられますので、僕も便乗することに(笑)

どんな流れであったのかは自分のブログに書きましたので、ご参照ください。


義弓くーさん、オザキショウゴさん、CILさんにお会いしてきました。


他の方のレポートも楽しく読ませて頂きました。
驚いたのは、僕が実直な印象を与えていたようであること。
なるほど。「セイシュン真っ盛り!」については話さなくて正解だったようです。

しかし、制作についてこんなにゆっくりと語り合ったのは久しぶりでした。
以前、NaGISAさんとお会いしてお話ししたこともありましたが、それももう大分前の事になりますし。

第2回もまたぜひやりましょう、という話もしていて、そちらも楽しみです!
次回はより多くの方とお話しできることを願っています。

以上、九州壇氏でした。

コミティアオフ会にお邪魔させていただきました。

 IMG_20180505_114308.jpg
どうも、
神風特攻隊長の裏番長CILです。

既に他のメンバーが投稿しておられるのですが、私も少しだけ感想を書かせていただきます。
 
5/5こどもの日にコミティア(東京有明で行われるオリジナル同人即売会)
に参加してまいりました。

このブログをお読みの方はご存知かもしれませんが、
今回の集いは義弓くーさん、オザキショウゴさん、九州壇氏さんの3人で制作されたショートショートショート10という
合作ノベルゲーム(体験版)の完成記念オフ会という位置づけだったのですが、
今回新たにチームに入りました私も参加して良いぞと許可をいただき、ホイホイついて行った次第です。

お会いするのはくーさんとは2度目、オザキさんとは3度目、九州さんとは初対面ですが、
ツイッターで見ているのでもっと頻繁に会っているような気がしてしまいますね。

九州壇氏さんは自分のイメージ通り実直な人柄がにじみ出ているような方でした。
自分のゲームもプレイいただいており感動しました。
作品内では出てくる高校名をもじって遊んでいたのを初めて言及いただいて嬉しかったですね。

私が関東に移ってきてから、
即売会はコミケ、コミティアを中心に10件前後くらい参加(いずれも一般)させていただいており、
このメンツの中では経験値があるのではと思いましたので、その辺りを私の知る限りでお話しさせていただきました。

話題としては、フリーゲームのこと、即売会のこと、
個人の制作ゲームに関すること、このショート100プロジェクトについてのことなど、出るわ出るわ。
尽きることなく色々と話すことが出来、実に有意義な時間となりました。

個人的に一押しトピックは、

義弓さんが『絵、描く時って、どうしてます? 下書きしてからやります??』
という質問から始まったオザキさんの回答で
『ベジエ(スプライン)曲線でおっぱいが描ける』という一連のやりとりで、その日1番の爆笑をかっさらっていかれました。

くーさんの創作にかける飽くなきスピリッツと
オザキさんのウィットがうかがい知れる1件だったなと思います。

オフ会としてとても良い形になったと思いますので、第2回も是非とも開催したいねと皆と話しました。

簡単ですが、コミティア・オフ会の感想を書かせていただきました。
CIL
 IIMG_20180505_131031.jpg

コミティア・オフ会の報告です【義弓くー】

180505.jpg

みなさん、こんにちは。
義弓くーです。

既に他のメンバーからの参加報告が上がっていますが、私、義弓くーもコミティア感想書きますね。
全体的な流れは九州壇氏さんのブログの通りなので、そこは割愛。
ボリュームの割にちょい割高なカレーの話も割愛します。

なので私は「ご飯食べながらのトーク」について書きます。
とにかく雑多様々多種多様な話題が展開しました。ここに書ける範囲ですと…。

【ショート100】
・ショート100のシナリオどうやって皆は作ってる? 1500文字を狙うのってなかなかだよね?(ちなみに、私は1500文字前で終わることで悩むという派でした)

・状況を如何に序盤で展開できるかが一つのコツだよね。(モスキート、豚王、三国がそのタイプで開始早々に状況が始まっている&最終目標が決定している というタイプ。逆にアールグレイは、初期描写に配分を置き、余韻で終わらすタイプ。狐はどっちとも言える)

・体験版で一番面白いのは「豚王」だと思う。豚王の凄い所を皆で褒める。義弓くーが豚王ネタを先に思いつかなかった事を実は物凄く悔しがっていたとを告白する。


【九州さん】
・「僕らのノベルゲーム」に関するお話を聞かせてもらいました。オープンになっていないことなどが聞けまして、期待高まるッ、です。また、部活もの繋がりでCILさんの「クロス×ヒート!」の話題に展開したのも良かったです。

・「プロット皆どうしてる?」な話題からは九州さんのシナリオの作り方が聞けて良かったです。丁寧に物語が展開されるのはだからか、と思いましたね。私は、中盤以降はよくシーンの状況・ノリで方向が変わっていくタイプです。

・また、いろんな制作者さんを知っている方だと改めて話を聞いていて思いました。今回の他三人の作品もプレイ済みで、色々と皆の作品の話を掘り下げてくれるのはさすがです。

・たぶん「九州さん」と声に出してお呼びするとき、数回「九州しゃん」と言いかけてます、すみません。声に出すとちょっと難しいという、ちょいトラップ。


【オザキさん】
・いろんな映画のお話をしてくれました。シナリオ制作ためのヒントが詰まったお話でした。にしても、本当に様々な映画を見ておられて関心しました。インプットの幅が広いから、多様なジャンルを書けるのでしょう。
※ゾンビ映画の話は興味深かったです。初期のゾンビの位置づけ話は意外でした。

・「三国の空_後編」をおねだりしてみると、そこから「ショート10」三国シナリオの話を聞くことが出来ました。にしても、取材のために、色々と海外にまで旅行をするアクティブさはさすがです。見聞の量から、意外な発想を生み出しているのだと感じましたね。


【CILさん】
・同人作者間の繋がりを色々と持っていて、普段なかなか聞けない同人事情なんかを知ることが出来ました。また、ボイス依頼をした際の話は、とても興味深かったです。依頼方法やその金額など知らないことばかりでした。

・「クロス×ヒート!」の制作裏話や続編を作っていない理由などへのCILさんの考え方を聞けたのも貴重でしたね。物語全体の緩急や流れに関する理由なのですが、確かにその考え方もあるなと納得しました。同作キャラ:ヤヨイさんのカッコよさを改めてお伝えさせて頂きました。


【義弓くー】
・「ななしのおろち」が、学校の怪談テーマとした最初の理由。
・「ななし」でやらかしたミス。(本編無関係ですが、恥ずかしいやつ)
・倫と重深歌の設定について。
・ペンネームとかブランド名の由来。ここから、他の方の由来とかに展開しました。
・「ななし春」の反省点と、それを踏まえて「夏」はどう転がしたか。という話。
実際にその場で皆さんの感じ方を聞けたのは良かったです。
等々、ななしから展開した、ネットでは書きにくい内容の話を色々しました。


……といった、感じでトータル3~4時間、場所を変えつつご飯を食べつつ話していましたね。他にも、先日発表された“ふりーむコンテスト”の事や、その日の買い物の見せ合いっこなんかもしましたね。

会場で作品群に触れるのは勿論ですが、同じ制作仲間と直接言葉を交わすことは、制作意欲がモリモリと湧いてきました。帰りの電車では、ずっとそんな気持ちとともに、シナリオ構想をしていました。

そんなこんなで、義弓くーからのコミティアオフ会のご報告とさせて頂きます。
第二回オフ会やりたいねと皆で思いましたので、いずれまた……!
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる